ジョージア滞在最終日。ホストマザー宅に寄って別れを告げた後、K先生の友人宅にも少しお邪魔。そこのおばあさんが所有している土地がすこぶる広大で、馬と犬と猫がわんさかいた。このおばあさんが今の家に引っ越したのは近年らしいが、以前の家に2度程お邪魔したことがあった。
「僕のこと覚えてましたか?」
「あなたのことを忘れるはずがないじゃないの!!」
覚えてましたか?と訊いときながら、僕はそのおあばさんのことは覚えていたものの、顔はすっかり忘れてしまっていたので、これまた“懐かしい”感覚があまりあらず。

<南部の町並み>
貨物列車の駅
ここアトランタ郊外で、世界で初めてコカコーラの壁広告を出した
(アトランタはコカコーラ発祥の町)
初めて飲食店でコカコーラを出した店、今はコカコーラショップになっている

<モノ申す!>
カータースヴィルの中心部にはまだ南部らしい町並みが残っていて、何枚か写真を撮るために立ち寄ってもらった。こういう風景はやっぱり懐かしい。写真を撮っていると、K先生が「日本人は何処でもカメラ持って写真撮るよね!」と言う。久しぶりに聞いた・・・そのステレオタイプ(固定概念)。昔はとにかく「日本人」といえば「カメラ」で、海外の映画でも日本人が登場するとカメラを持って写真を撮りまくる姿が皮肉っぽく出ていたものだ。
「いつの時代の話?今や、日本人だけじゃなく、アメリカ人だって集団で写真撮りまくってるよ。ヨーロッパ人だって中国人だって韓国人だって、どこの国の人も撮りまくってるよ。まぁアレだね、日本には昔から高性能のカメラがあって、そして裕福だったから皆カメラ持ってたんだね。だけど今の時代、日本人イコールカメラっていうのはもう時代錯誤なんだよ!」
だっふんだ!

そういえばホストマザーもパリに行った時のことを苦々しく語っていた。
「パリ?最悪よっ!!!!!!もう、パリの人たちのなんと冷たいこと!!!あの人たち、フランス語を話さない人たちのことが嫌いなのね。いや、フランス語をうまく話さない人たちのことを!」
全く以て違うけどね。フランス人は英語を話せるのにワザと話さない、なんていう伝説もいまだに語り継がれ信じられている。僕が彼らの代弁をしたところで信じてもらえそうもないから、何も言わなかったが・・・。

まぁそもそもアレだ。何はともあれ、アメリカ人ももうちょっとガイコクゴに関心を向けた方がいいと思う。英語が世界どこでも通じることが当たり前だと思っている人は多いが、そう思ってほしくはない。世界人口の8〜9割を占める“英語を母語にしない者”にとっては、英語は永遠に外国語なのだ。世の中、平等じゃないのである。英語がネイティブの人と話している時、ちょっと発音やアクセントが違っただけで聞き返されることがあるが、これはフランス語ではあまりない現象なので、一時期その違いはなんだろうと考えたことがある。英語に比べてフランス語の方が抑揚が少ないので日本人にとっては発音しやすいからなのかも知れないし、ただ単に相手の人(英語ネイティブ)が外国人の話す英語に不慣れだったり、“外国人の英語”というものに対する意識が薄いのかも知れない。ハッキリとした理由は分からないのだが、それにしても!と思うことがある。なるべくネイティブの発音に近づけようと頑張って発音しているつもりだが、時に口が疲れて日本語英語の発音になってしまうこともあるし、いくら頑張っても到達できない部分もある。例えば、「オーガニック」という単語ひとつにしても、日本語アクセントと、正しい英語アクセントは力点が違うので日本語アクセントで発音すると通じないのだ。だけど、たかがアクセントじゃん!?と思ってしまう。音は同じなんだから分かってよ!と。

ちょっとした微妙な発音の違いで通じないこともあるが、これにはまいる。幼少期に脳にインプットされなかった音は、微妙な音の違いとして認識ができない仕組みなのだ。日本語のLと英語のLは発音が違うし、母音だって5つしかない(英語は13)から限界がある。K先生との会話中、僕がイギリス英語について話題を振ったところ、
「“イングリッシュ”じゃない。“イングリッシュ”」
と先生が返してきたので、意味が分からず聞き返すとまた同じことを言う。そこで気づいた。Lの発音が微妙に違ったのを直してきたわけだ。これは結構ムカつくぜよ。だって通じてるじゃん!言い方や発音を直されるのは普段大歓迎なのだが、通じていて、尚且つちょっとした違いを茶化したように言われるとお手上げだ(自分だって何度言っても満足に日本語の発音できないくせに!!と心の中で対抗する)。しかし実はK先生は20年前からそうだった。僕の英語を真似て「What you doing?」としょっちゅう茶化していた。20年ぶりに会った今回も開口一番茶化してきたので、僕も「What you doing?」と返したが、僕は当時から不思議に思っていた。「What you doing?」とは明らかに文法的に間違っていて、僕はそんなことを言った覚えもないのに、なぜ僕の口真似になるのだろうかと。日本人の英語を茶化しているだけなのだろうか?当時はあまり気にしないようにしていたが、今回改めて茶化されると妙に気になったので訊いてみたら、当時僕は「What are you doing?」ではなく「What you doing?」と言ったと言うのだ。
「えー?!絶対にそれはあり得ない。だって、英語の文法大好きですっごく得意だったんだから。What you doing?というのが文法的な間違いであることは既に中学1年の時点で知っていたから、絶対にそんなこと言うはずないんだけど」
「いやいやいや、言ってたよ!」
思うに、現地の人がWhat are you doing?を早口で発音するように、僕も同じように発音した際そう聞こえただけのことなのだろう。しかし今の僕は思ってしまう。どこに行っても英語で押し通そうとする人にそれは言われたくないね!とね!!

K先生には、日本語は縦書きなのか横書きなのか、更には日本語は文字数が多いのにどうやってタイピングしているのか訊かれたが、これはいつも説明が難しいのである。日本語の成り立ちを一から説明しなくてはならないが、説明しても相手はポカンとしている。違う言語を学んだことがないから、きっと想像がつかないだろうなと思う。「縦書きと横書き、どっちが好き?」という質問に「好きとか嫌いとかそういう問題じゃないから。ルールがあるから」というところから説明する。タイピングにしてもそうだ。漢字の数の多さや、漢字とひらがなカタカナの使い分けについて話したところで、想像も及ばない世界のことにただただ「ウゥゥゥ!」とか「自分には無理だ」と言われても面白くない。世界の全言語が同じ価値なのに、日本語が特異に見られることが僕は好きじゃないのだ。知りもしないのに、それに人間が使っている言語なのに「ウゥゥゥ!それは無理」といきなり否定されるのがイヤなのだ。思わず、僕の常套句が始まってしまう。
「外国語勉強したことある?世界にはいろんな言語があって、英語だけじゃないし、アルファベットを使う言語だけじゃないんだよ。違いを知った方がいい!何か英語から遠い遠い言語を習得してみてよ!そしたら扉は開く!!」
K先生とは昔から言いたいことが言える。そして20年ぶりでも変わらないのは、ありがたいことだ。

アトランタ市内

そんなこんな言っているうちにジョージアを去る時間は刻一刻と迫っていた。僕は夕方6時の飛行機でサンフランシスコに飛ぶことになっていたので、昼過ぎにはアトランタ市内に向かい遅いランチをとった。4日間のジョージア滞在もあっという間に終わりだ。もはやアメリカには興味もトキメキも関心もないけど、ジョージアに来て良かった。
「サンフランシスコでは仕事だから大変だろうけど、その後の1日、サンフランシスコ観光楽しんで!何度も言うようだけど、レッドウッドには行くように!大きな樹があって感動するから。興味がなくても行くように!」
ホストマザーもK先生もさっきからレッドウッド、レッドウッドってもう!!!行かねぇーっつーの!!!
「じゃあ元気で!もの忘れしないようにね!あくびもしないように!屁もぶっこかないように!!じゃあ、先生、ありがとう!」
こうして僕は、20年ぶりのジョージアを後にしたのであった。


1995年春、キャス高校でのコーラス・コンサートでピアノ伴奏を担当
K先生は音楽の先生
留学生活が軌道に乗り出したのは、沢山の出逢いをもたらしてくれた、
この音楽の授業がきっかけだった

番外編 「サンフランシスコぶらり散歩〜ミッション・ポッシブル〜」へ

INDEX
Part 1 20年ぶりに降り立ったアメリカ、その時胸の高鳴りは…
Part 2 誰も迎えに来られず、あわや“空港でひとり茫然物語”…?
Part 3 出発前からイライラ…すべてがスムーズに行くワケはない
Part 4 ついに再会!けど、冗談もほどほどに!
Part 5 なぜか日本食レストランで
Part 6 記憶にございません
Part 7 マッサンと美しいケツ
Part 8 穏やかな人、穏やかな空間、切ない時間
Part 9 See you later, alligator!
Part 10 ジョージア最終日に“だっふんだ!”
番外編 サンフランシスコぶらり散歩〜ミッション・ポッシブル〜